機能紹介

.NET アプリケーションで Excel の帳票を表示

ReoGridは、Microsoftの表計算ソフト「Excel」の特徴と機能を数多く備えたマルチプラットフォーム対応の表計算スプレッドシート開発ツールです。ReoGridは Excel に依存せず、.NETアプリケーションの中に組み込んで動作します。

Excel 帳票を忠実に再現

Excelで作成した帳票や文書が、ReoGrid を利用すれば .NET アプリケーションの中で表示できます。左は ReoGrid、右は Excel です。

ja15_s ja16_s
ReoGrid Microsoft Excel

ReoGridは、Excel と同様にセルの結合、罫線、塗りつぶし、パターン色、カラムのフィルター、ソート、データ書式、さらに数式計算に対応しています。

.NETアプリケーションの中で編集

Excel の帳票や文書を表示できるほか、Excel と同様の操作方法で帳票をそのまま編集できます。

ja17

入力方向を自由に設定

入力完了後、「Enter」キーを押した際のカーソルの移動方向は、アプリケーションによって制御・変更できます。その設定は、わずか1行のコードで済みます。

// 右のセルに移動
sheet.SelectionForwardDirection = SelectionForwardDirection.Right;

// 下のセルに移動
sheet.SelectionForwardDirection = SelectionForwardDirection.Down;
ja27 ja28
カーソルを右に移動させる カーソルを下に移動させる

ReoGrid は、このような細かな制御や設定をたくさん提供しています。ReoGrid を利用するアプリケーションは、業務内容に合わせて適切な設定を行うことができるため、最も優れた操作感をエンドユーザーに提供できます。

プログラムでワークシートを編集

ReoGrid が提供している多くの API を利用すればワークシートを自由に編集できます。以下は編集できる内容の一例です。

  • セルのデータ
  • セルの結合、結合解除
  • セルのスタイル、罫線、書式
  • ワークシートのフィルター、ソート
  • ワークシートのグループ、アウトライン
  • ワークシートの印刷設定
  • ワークシートの描画オブジェクト、画像、グラフ
  • ワークシートの管理 など…

詳しくは、「ワークブック」と「ワークシート」をご覧ください。

数式計算も利用可能

ReoGrid は Excel の数式計算にも対応しています。Excel で定義した数式を、ReoGrid でもそのまま実行・利用できます。

ja18

上記の例では、「数量」と「単価」を入力し、「Enter」を押すと「金額」が定義した数式によって自動的に計算されます。

他に参照しているセルがあれば、それらのセルも自動的に再計算を行い、数値が反映されます。この動きは、Microsoft Excel とすべて同じです。

ja21

編集前

編集後

また、数式の計算サポートは、プログラミングによって実装する必要はありません。Excelファイルを読み込んだ後、ReoGrid は自動的に数式の解析や実行を行います。

数式計算について詳しくは、「数式計算」をご覧ください。

次世代の画面インターフェイスを実現

Excel の優れた操作感と高い表現力、そのすべてを ReoGrid を通してエンドユーザーに提供できます。従来のアプリケーションではできなかった、次世代の画面インターフェイスが簡単にできます。

ja24
編集対象範囲を指定

アプリケーションの要件に合わせて、編集できるセルと編集できないセルを指定することができます。 ReoGrid は開発者の視点から考え、様々な細かい設定機能を提供しています。

ja26

ReoGrid では、セルや範囲毎に「読み込み専用」の設定フラグを持っています。このフラグの変更によってセルや範囲に対して変更可能かどうかを簡単に変更できます。

// すべてのセルを編集不可にする
sheet.Ranges[RangePosition.EntireRange].IsReadonly = true;

// 一部の範囲だけ編集対象範囲とする
sheet.Ranges["B18:H25"].IsReadonly = false;

選択範囲を制御

選択できる範囲とできない範囲の設定も可能です。

選択範囲について詳しくは、「選択範囲」をご覧ください。

様々なデータ書式に対応

ReoGrid は、様々なデータ書式に対応しています。数字、金額、パーセント、日付など、日常的に使われる書式にすべて対応しています。例えば数字の場合、小数点の桁数の指定やマイナスの表示方式などを自由に設定できます。

ja29 ja30
編集中 編集完了

Excel と同様に、編集する場合は数字だけを入力します。入力が完了すると、数字が自動的に金額の書式で表示されます。

データ書式について詳しくは、「書式」をご覧ください。

会計・財務・金融システムに最適化したデザイン

ReoGrid は、マイナスの数値を赤字、括弧付、三角付などの書式で表示できます。

ja31
マイナス数値の入力(編集中)
ja32
マイナス数値の表示(編集完了)

負の数の表示スタイルについて詳しくは、「書式」をご覧ください。

カスタマイズ設定が自由自在

アプリケーションの要件に合わせて、コンポーネントの要素を表示、非表示に設定できます。

ja34

ReoGridのヘッダー、シートスイッチ部品およびスクロールを非表示に設定します。

ja33

様々な入力方法とセル型

ReoGrid では、様々な入力方法に対応しています。科目コード、部門の入力は手入力のほか、リストからの選択にすることもできます。

ja35

ReoGrid は、ドロップダウンの部品を用意しています。カスタマイズしたセル型を利用して項目の選択を簡単にドロップダウンにすることができます。

ja36

「カスタマイズしたセル型」については、「カスタマイズしたセル型」をご覧ください。カスタマイズしたドロップダウンリストについては、「カスタマイズしたドロップダウンリストを作成」をご覧ください。

ドロップダウン以外に、チェックボックスやボタン、ラジオボタン、ハイパーリンク、プログレスバーなども提供しています。詳しくは、「内蔵セル型」をご覧ください。

ja37

優れた画面デザインと操作感

まず画面のプロトタイプを Excel でデザインし、ReoGrid でそのテンプレートを利用して、ボタン、チェックボックス、ラジオボタン、ドロップダウンリスト、画像などのセル型を活用すれば、簡単にアプリケーションの画面インターフェイスが完成します。

ja39
(例:ReoGridを利用して作成した職員管理システムの画面)

詳しくは、「内蔵セル型」をご覧ください。

フィルターと並び替え

大量のデータでもフィルターと並び替え機能によって楽々処理できます。

ja76

詳しくは、「フィルターと並び替え」をご覧ください。

アウトラインでデータを見やすくする

関連性のあるデータにアウトラインを追加することによって、帳票をさらに見やすくすることができます。

ja40

アウトラインによってデータを隠したり表示したり、自由に切り替えることができます。

ja41

高性能の印刷機能を搭載

ReoGrid は、Excel とほぼ同様の印刷機能を搭載しています。Excel で作成した出力帳票のテンプレートに ReoGrid で出力データを流し込めば、そのまま印刷することができます。

ja38

ページングと印刷について詳しくは、「ページングと印刷」をご覧ください。

帳票表示がそのまま印刷プレビュー

ja42

カスタマイズ設定によって、青い線を調整すると改ページの位置を簡単に設定できます。

チャート・グラフ

帳票、レポートに様々なグラフをご利用いただけます。

431 432 433 435 430 434

詳しくは、「チャート・グラフ」をご覧ください。

特長

エンドユーザーの誰もが直感的に操作できるインターフェイスを少コストで開発することができます。ゼロから作ることが困難な機能も短期間で迅速に開発でき、既存のエクセル帳票をそのまま取り込むことも可能です。さらに同類製品に比べ最大300倍もの高速処理ができるため、良好なユーザー体験を実現することができます。

ReoGrid次世代開発ツール

開発コストを大幅に抑える

ReoGrid なら、Excel のリソースを生かせるため、従来の画面インターフェイス作成で必要な入出力部品を、一つ一つ作成して設定するような手間が必要ありません。エンジニアの技術レベルを問わず質の高いシステムを短期間で開発することができますので、プロジェクトの全体的な工数を大幅に節約できます。

さらにReoGridはマルチプラットフォームに対応しているので、Windows Form と WPFが混じった移行途中の状況であってもスムーズにアプリケーションの開発が進められます。必要最低限の開発コストで期待以上の成果が得られるのはReoGridならではです。

RG-pc200_04